東京の税理士・会計事務所 大澤・山﨑公認会計士事務所

東京の税理士・会計事務所、大澤・山﨑総合会計事務所 サービス(業務)紹介

ご不明な点はお気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。



| お問い合わせ | プライバシーポリシー(個人情報保護方針) |

東京の税理士・会計事務所、大澤・山﨑総合会計事務所 決算申告サポート・決算申告書作成


当事務所の決算申告サポート・決算申告書作成の概要をご紹介します。


事業を行ううえで必ず期末に決算があります。その際に、法人税申告書・消費税申告書・都民税・事業税申告書などの作成と関係官庁への申告作業がございます。スピーディー&正確に申告書を作成し、申告作業そのものをスムーズに終わらせるためにも、ぜひ当事務所をパートナーとしていただくことをご検討いただければと存じます。その他、様々な税務申告や法定調書などについても当事務所でカバーさせていただきます。



東京の税理士・公認会計士 決算申告書作成サポートは大澤・山﨑公認会計士事務所


会社設立後に必要になる様々な申告

企業(法人)経営には様々なしなければならないことがございます。 税金に関することはその中でも特に重要です。

決算申告とは

たとえば株式会社をつくった場合、株主(株主は、会社に向けて投資をしてくれているありがたい存在です)に定期的に会社の経営状態等について報告をしないといけません。

企業という組織は、ひとりよがりな運営を続けていてはいけませんし、外部から定期的に監査を受ける必要もあるでしょう。法律でもそのことはきちんと定められています。

現在は、各事業年度で1回必ず決算をまとめて、株主総会に提出して承認を受けるか、社員総会で同意を得るかしないといけません。

決算の数字が確定しないと確定申告にも支障をきたしかねませんし、何かわからないことがあるときや心配なことがあるときは、早めに税理士等に相談をしていくべきだと考えられます。

法人税とは

個人も利益を出したら所得税を納付しないといけません。法人の場合は個人のときとは納税方法が異なります。

法人税は、原則として売上から経費を引いて利益が出るときに納付する義務が発生します。

もっとも、売上が好調でも、その金額を回収できていないケースも企業の商取引ではよくあります。 (たとえば、代金を手形で受け取ったような場合) それを考えると、法人税の納付では計画性も必要になってきます。

法人税申告の流れについて

法人税申告においても決算申告と同様に、申告書を不足なく用意して法の定めにもとづいた様式にして提出しないといけません。

会社によって必要な流れも変わりますが、共通項をまとめると次のようになります。

1.毎日の商取引の内容を会計ソフトに入力する

手書きで作成する企業は現在では少なくなりました。

2.会計ソフトから決算書を出力する

入力が終了すれば、会計ソフトが通常は自動的に決算書をつくり出してくれます。

3.その結果をよく確認して、修正項目を探す

確認項目は非常に多く、経理の熟練者が見ても完璧に修正を施すことは簡単ではありません。

4.法人税申告書の記入に移る

申告書を開けると、別表が何種類もつけられていますし、税額の計算も複雑なことがわかります。これも現在では、法人税申告書作成のソフトを使うことができますが、会社の経営状況しだいで、入力の仕方が大きく異なります。

法人税申告については、期限も定まっていて、1日でも遅れてはいけませんし、特に会社をつくったばかりの段階ではうまく法人税申告書を用意できないこともあるようです。

会計ソフトを導入しても素人判断で作成しようとすると間違いのもとですから、経験を積んだ税理士事務所の手を借りることが望ましいといえます。

確定申告とは

確定申告は個人でもよく行う手続きですが、法人の場合は、営業年度内の所得を計算してその結果を申告書に入力して税務署に提出するという手続きのことです。申告書を提出することで、納付する税額が確定できます。

決算申告をしたときの決算内容をもとに、法人税の確定申告をすることになっていますが、提出期限は、決算日の翌日から2ヶ月以内です。

(会計監査法人の監査を受けるときは延長してもらうこともできます)

いずれの申告にも共通する注意事項

法人でも個人でも申告が遅れると、延滞税をはじめ何種類もの税金を課される恐れがありますし、金融機関からの信頼を失うことになります。

(融資を受けたいときに、審査で不利になる恐れが強くなります)

法人税の申告・所得税の申告・消費税の申告......と、納税に関する決まりごとは多いのですが、普段申告をやっていない方がやろうとすると簡単にはいかないことがほとんどです。企業によって注意しないといけない点も多々あるため、時間をかけて自力で申告書を作成したとしても、大きな間違いを犯していることが多く、結果として大きな損をする恐れがあります。



中小企業・個人事業の経営にとって、限られたマンパワーを最もフォーカスしたい業務に焦点を当てることは重要な視点です。

とくに直接的な業務である営業やサービス、研究開発に関することに焦点を当てたいというケースが多いと思います。

その場合、間接的な業務に当たる経理や財務など会計的なことと税務に関することをアウトソーシングをすることも視野に入れてお考えになってみてはいかがでしょうか?

また、それらの経営テーマに限らず、会計処理や税務処理はプロに相談したほうがプラスになることが多いと思います。

ぜひ、大澤・山﨑公認会計士事務所を、パートナーとしてご活用いただくことをご検討下さい。


サービスエリアは、東京都内だけでなく神奈川・千葉・埼玉も対象エリアです。
(事務所所在地は東京都千代田区九段北です。)



サービス詳細や料金(報酬)のお見積りについては、お急ぎの方はお電話【03-6272-6763】まで、
メールは【メールフォーム】からお問い合わせいただければ幸いです。


大澤・山﨑公認会計士事務所 お問い合わせ 会社設立代行キャンペーン 事業計画書作成セミナー 東南アジア進出の業務提携パートナー 大澤・山﨑公認会計士事務所FACEBOOK公式ページ 株式公開のことは⇒大澤・山﨑公認会計士事務所IPOセンター